株式会社ガイアパワー

メニューボタン

事業をつくりあげる

事業推進部 事業推進課 課長代理

宮本ひろ美

申請書の山を越えて

自然エネルギーの知識が全くといっていいほどなかった私ですが、ガイアパワーのコンセプトでもある“100年後の子供たちに青い地球を”の言葉に一人の子を持つ親としてとても共感し入社しました。
入社当初は太陽光バブルと呼ばれる時代であり、今では考えられない数の候補地の図面・申請書類・事業予測資料を作成してきました。
申請書類を作成し印刷を行うのに深夜まで作業を行ったこともありました。
その後徐々に発電事業者としてのガイアパワーへ事業展開を行うとともに、私の仕事も事業の組立を中心に行う業務へとシフトしていきました。
モジュールを配置するだけであったのが、木の影の影響やパワーコンディショナーまでのロスはどの程度あるのか、融資を受ける金融機関の金利比較や提案書の作成、金融機関からの提案に対する事業性の確認及び判断、金融機関との融資契約書やPJ関連契約(土地契約、担保契約など)の確認などを行うようになりました。特に契約関係は初めての用語が多く、また法務の勉強を行ったこともなかったので、日々業務の中で勉強し契約書を見比べたり、ひたすら何回も契約書を読むということを行ってきました。
また、SPCを設立し事業を運営するので会社の設立・増資等の登記関係や運営にかかる会計知識等が必須でした。こちらも上記同様に日々わからないことだらけではありましたが、周りの方々に助けて頂きながらなんとか業務を進めることが出来ました。
前職が金融機関であったことから金融用語への抵抗が少なかったことは仕事を進めていく中で溶け込みやすかったと思っております。

「教える」ということ

この仕事は私一人では決して成り立つことはありません。
助けてもらうことが多々あります。
そんな時コミニュケーションがうまくとれていないと仕事が進まないと思っています。
私は人生で初めて仕事を教える立場になりました。
教えるということの難しさを今実感しております。

しかし入社後私は沢山の人に教えられ今があります。
私が持っている知識をチームの皆に伝授することが今後のガイアパワーのためにも良いことにつながるのではないかと思っていますので、これからも何事にも謙虚な姿勢で仕事に取り組みたいと思っております。
また、社外のお客様・取引先の方々に対しては信用を失わないよう、信頼されるような人間になりたいと思っています。

信頼を得る為には長い時間がかかりますが失うのは早いということを肝に銘じ、今後も協力会社様と接していきたいと思います。

  • 宮本さんプロフィール写真

    宮本ひろ美

    事業推進部 事業推進課 課長代理

    プロフィール

    プロジェクトの進捗に合わせて的確に業務が進んでいるか、定められたルールに沿った対応を行えているか、ファイナンス組成や契約確認、会計処理方法の検討、レンダー・出資者様との調整など全体的な管理業務を行っております。

    また、業務内容の効率化や発電事業を行うSPCの運営管理業務も担当しています。

    業務の幅が広くたくさんの知識が必要であると日々感じています。

    しかし、大きな(解決困難)な事象を前にすると何とかクリアしてやろうと立ち向かう気持ちが沸き上がってきます。

    チームまたは各営業所の方々の案件を進めたいという熱意が私に「やらなければ!」という想いにさせるためです。

    そして達成した際にはこれまでにない嬉しさや達成感を感じます。

    それが次の挑戦への活力につながります。

閉じる