株式会社ガイアパワー

メニューボタン
長生三倉第一発電所および第二発電所(所在地:徳島県阿南市)の設備整備計画認定式および建設工事の起工式を執り行いました
2017/07/24

長生三倉第一発電所および第二発電所(所在地:徳島県阿南市)の設備整備計画認定式および建設工事の起工式を執り行いました

2017年7月24日、徳島県阿南市で建設中の長生三倉第一発電所および長生三倉第二発電所において

「農山漁村の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電に促進に関する法律(再生可能エネルギー法)(※1)」

に基づいた「設備整備計画 認定式」が同市主催で開催されました。

式典には地元関係者、市議会、地区などの代表者のほか、工事関係者や市関係者など約50名が参列いたしました。

本発電所の建設に際し、設備整備計画に基づき農林漁業の健全な発展に資する取組みを行い

地元農林漁業へ寄与してまいります。

また同法による第一種農地の転用を伴う大規模太陽光発電所の整備は全国初となります。

 

【左:岩佐嘉仁阿南市長、右:ガイアパワー代表取締役 藤崎耕治】

 

認定式に続き、株式会社ガイアパワー(本社:徳島県阿南市、代表取締役:藤崎耕治)は

発電所の起工式を執り行い、長生三倉第一発電所では2017年9月の竣工を

長生三倉第二発電所では2018年3月の竣工を目指し、工事の安全と無事を祈願いたしました。

ご列席の皆様をはじめ、多くの関係者の皆様、そして地元関係者の皆様のご理解とご協力により

無事に起工式の日を迎えることができたことに改めて心より感謝を申し上げます。

 

【設備整備計画 認定式】

【起 工 式】

 

長生三倉第一発電所および第二発電所の想定年間発電量は合せて約476万キロワット時(※2)となり

一般家庭約1,460世帯の年間電力使用量に相当し、年間約2,400トン(※3)のCO2排出削減効果が見込まれます。

 

※1. 農山漁村再生可能エネルギー法とは

   農林漁業との調和を図りながら再生可能エネルギー発電を活用し、売電収入による地域への還元

   農業・農村の所得向上等を通じ、地域の活力向上や持続的発展に結び付けていくための法律。

※2. 1世帯当り3,254.5kWh/年で算出(出典:電気事業連合会『原子力・エネルギー図面集』)

※3. 一般社団法人太陽光発電協会「表示に関する業界自主ルール」に基づいて算出

 

【本プロジェクト概要(予定)】

事業会社名 GP長生第一合同会社 GP長生第二合同会社
発電所名 長生三倉第一発電所 長生三倉第二発電所
発電事業所所在地 徳島県阿南市長生町三倉向沢1他 徳島県阿南市長生町宮内平野101-3他
出力 2,222kW 1,848kW
想定年間発電量 2,600,658kWh 2,162,709kWh
運転開始 2017年9月(予定) 2018年3月(予定)

 

本件に関するお問合せ先

株式会社ガイアパワー

事業推進部事業推進課

TEL:0884-24-3377 FAX:0884-24-3378

添付PDFファイル

閉じる